椎間板ヘルニアの酷い腰痛からマットレスを変えて復活!

マットレスの買い替えをして2回目でモットンに出会い、人生が変わる!

あまりにも腰が痛くて泣きそうになりながら診断された椎間板ヘルニアという地獄の宣告。
それに2年も付き合いながらいまだに完治はしていませんが、
それでも私の椎間板ヘルニア史上、もっとも腰を楽にしてくれたのがモットンという布団です。

 

腰痛にはマットレスを変えるのがいい、というアドバイスを受け、
ニトリの高反発マットレスのあとに試したのこの敷布団で泣きたくなるほど腰痛が楽になってしまいました。
腰痛のための布団という触れ込みの商品は数あれど、ここまで特化して作った製品はあまりないと思います。
これで少しでも楽になれば・・・と祈るようにして買いましたが、この買い物は本当に成功でした。

 

腰痛の場合はとにかく高反発

 

腰痛で苦しんでいる方はもう常識かと思いますが、腰痛にはとにかく高反発の寝具でないとダメです。
ちょっと昔には低反発の布団が流行りましたがあれは腰痛の大敵と言えますね。
結局、腰が沈むことで痛みを増長するのでできるだけ体を平均的に水平に保つ必要があるんですよね。

 

あとはそれと同時に寝返りも大事と言われています。
低反発だと実は自然な寝返りができませんし、むしろ悪化するみたいです。

 

結果論ですが、この2つの条件をきれいに満たしていたのがモットンだった、ってことなんです。

 

 

ニトリのマットレスはどうだったか?

 

お値段以上ニトリ!ということで、ニトリの家具はけっこう使っています。
が、ここにも高反発のマットレスがあるのは最初は知りませんでした。
でもコスパ重視の私としてはニトリの情報が耳に入ってこないわけがありません。

 

値段はやや安めだし、悪い商品なわけはないと思ってトライしたんですが、
腰痛に効果があったかと言えばそうでもない!って感じでした。
決して悪化したとも思えませんが、特段楽になってともいえない、ってレベルです。

 

最近はニトリさんもシーリーとの共同商品を出すなどしていますが、
もっと腰痛にフォーカスした製品と出せばヒットすると思うんですがでしょうか。

 

ちょっと話は逸れましたが、ニトリよりももっと腰痛のメカニズムを考えて作られている商品が世の中にある以上、
ニトリがファーストチョイスになるかと言えばそれは今は怪しいかなと感じます。

 

腰痛がどのように楽に感じるようになったか

 

モットンで寝るようになってどう感じたか、なんですが、一番は起きた時の腰の痛みの少なさです。
それまでは毎日欠かさず、寝起きは痛いと思う日の連続でした。
基本、痛くない日なんてありません。

 

が、モットンで寝るようになってからは痛みの度合いが明らかに少ないですし、
日によってはほぼ痛くない状態で目が覚めることもあります。
もうね、なんというか睡眠後が一切怖くない状態です。

 

また寝ていても痛みを感じないわけですから、寝つきもだいぶよくなります。
腰痛があるとその違和感で寝つきが悪くなることは多いんですがそれも減りました。

 

人生において睡眠が占める時間や重要性は思っている以上に大きく、それは椎間板ヘルニアを患ってから痛いほど感じていました。
でもそれが改善した今、寝ることへの感謝が自然とわくようになっていますね。

 

モットン購入前に同タイプ商品と比較

 

この手の商品を検討した方ならわかると思いますが、けっこう似通った商品がいくつかあります。
特にモットンとライバル視されるのが雲のやすらぎという布団です。

 

HPの感じとは雲のやすらぎのほうがきれいで、腰痛にとってもよさそう!という印象を持ったんですが、
・返金保証がない
・厚みがあって折り畳み不可能
という2点がどうしてもネックになり、これは最終的にやめました。
お値段もモットンと全く同じだったんですけどね。

 

この2つの商品のスペック比較や、
また他メーカーのマットレス、敷布団については腰痛 マットレスにけっこう情報がまとまっていますのでご覧になってください。
比較表とかもあってわかりやすかったです。