重いものを持って腰痛に(運送業・男性の経験談)

職場での作業、姿勢が腰痛に繋がっている男性の場合

腰痛は一見すると他人からはわかりにくいので仕事で重たいものを持つときによく頼まれますが、
断ることもできないので腰を落として負担のかからない姿勢で作業します。

 

そのときは何ともないのですが、仕事で緊張していることもあり痛みを抑えているだけなので帰宅したとたんに痛みが襲ってきて動けなくなることもあります。

 

妻や子供に背中にのってもらったりマッサージをしてもらうと痛みが緩和するのでお願いしますが、
いつもしてもらっているのでツボがわかっていてすぐに楽になります。

 

家族からは無理をするなといわれていますが、
職場では荷物の移動や設備の搬入など力作業が多いので自分だけしないわけにはいきません。
幸いにも職場では同様な腰痛持ちもいるので、なるべく助け合うようにしています。

 

面白いのはお互いが痛みを経験しているのですが、自分の方がまだましだと張り合うことがあるときです。
いつも競争して後悔しているのですが、
仲間が頑張っているのを見るとしたくなるのでなかなか腰痛が治らない要因になっていると思います。