母への腰痛サポートで得た対策術5選!

この5つを徹底すればお金のかからない腰痛対策として使えます!

母が依然ぎっくり腰をやってしまって以来、癖になったのかよくひどい腰痛になります。

 

自分も痛みがでるときもありますが、
体を延ばせばだいぶ良くなる程度なので動けないほどの痛みがわかりません。

 

しかし、動けない母を見ているとどれだけ大変なのかはわかります。

 

まず、母の腰をさわり、痛い部分が熱をもっていた場合、その部分をアイスノンなので冷やします。
10分から20分程度、その間身体全体が冷えるといけないので
首に温かいタオルと、足には温かくなる電気のひざ掛けをかけています。

 

熱を持っていない場合は、痛い部分にホッカイロなどをつけて温めています。

 

また、自営業で事務仕事をすることが多く、
車の運転もよくしているので座るところには背中にクッションを置いています。

 

姿勢が悪い状態で、ずっといると腰が変な形で固まって
動き出す際により痛みを感じることがわかったからです。
なのであるべく姿勢を正せるように、クッションなどで体を支えてます。

 

さらに、長時間同じ態勢でいると身体が固まってしまうので、
家で仕事していたりする際は30分に一回など
動くようタイマーをつけています。仕事の休憩がてら、
その際にネットで調べた腰痛ストレッチを何個かやると次の日楽になるといっていました。

 

このように、

  • 痛い部分が熱をもっていたら冷やす。
  • 体は冷やさないようにする。
  • 熱を持っていなかったらあっためる。
  • なるべく姿勢を正し、長時間同じ態勢でいることを避ける。
  • ストレッチを数分でもいいのでする。

 

これらを徹底することで、ひどい腰痛があっても、毎日ある程度動けるようになっています。
本来は整骨院など行きたいと思うのですが、
遠いので、通いづらく、自己で行うようにしています。